貴金属の種類とは

アクセサリーや宝飾品といった美しい輝きを放つ物には多くの貴金属が使用されています。
多くの方が貴金属と聞いてイメージするのが「金や銀」かと思われます。
でも貴金属にはもっと色々な種類があるのです。
そんな貴金属の種類をご紹介します。
・ロジウム
ロジウムは元素記号Rhとなっており、数多くの用途で使用されています。
中でも日常生活だけでなくビジネスでも欠かせない存在となる自動車。
そんな自動車の排気ガスの浄化用の触媒に使用されているのがロジウムとなっています。
またロジウムは銀等の貴金属に傷が付かないように保護する為のメッキとしても活躍しています。
・ルテニウム
ルテニウムは元素記号Ruとなっており、あらゆる用途で使用されています。
まずは大切な方への手紙や文章を書く上で欠かせない万年筆。
この万年筆の先端の素材こそルテニウムなのです。
さらにはネット社会となった今、ハードディスクは必要不可欠な存在ですよね。
そんなハードディスクもルテニウムが使用されているのです。
・イリジウム
イリジウムの元素記号はIrとなっており、貴金属の中でも展延性がほとんどない貴金属となっています。
しかし耐熱性や耐食性に優れた性質があります。
特に身近な所では万年筆の先端に使用されており、点火プラグの電極としても使用されています。
このイリジウムはイリジウムを含む金、銀、白金、パラジウム、ロジウム、ルテニウム、オスミウムの8種類の貴金属の中でも一番重い元素となっています。

キャバ嬢必見!使わない貴金属の賢い処分方法

キャバ嬢の方は、仕事がらお客さんからプレゼントをもらうことが多いと思います。

その中でも、高価な貴金属をプレゼントされた経験がある人もいるでしょう。

自分の好みのものであれば使いたくなりますが、好きじゃないものをプレゼントされると困っちゃいますよね。

特に家に置いておいても腐るものではないので、放置していてもいいのですが、今後、一生使うことがない貴金属は、処分してしまうことをおすすめします。

処分しようと思いすぐに思いつくのが、リサイクルショップでしょう。

どこにでもあるので、気軽に処分することができるにはよい方法です。

ただ、リサイクルショップは、いろんな物を扱っているので、その貴金属の適正価格を提示してもらえるかはわかりません。

本当はもっと高価なものなのに、二束三文で買い取られてしまうこともあります。

処分したい貴金属を、適正価格で売りたいと思っているのでしたら、貴金属専門の買取店で売ることです。

貴金属専門で行っている買取店は、貴金属の目利きができる人が査定するので、適正価格で買い取ってもらうことができます。

もし、近隣に貴金属専門の買取店がない場合は、インターネットの買取ショップを利用するとよいでしょう。

処分したい貴金属を宅急便で送るだけなので、簡単に査定してもらうことができます。

お店によっては、送料無料、査定料無料、キャンセル料無料のところがあるので、そういったところを選べば、気軽に貴金属を処分することができますよ。